CiaoFirenze.com! フィレンツェの観光ガイド "サン・ロレンツォ広場”

JP EN
ホーム |  ホテルを検索 |  フィレンツェの見どころ  |  アウトレット  |  美術館  | 市内へのアクセス  | 市内の移動


フィレンツェの見どころ

サン・ロレンツォ広場
 
 
ドゥオーモ広場
花の聖母教会
洗礼堂
ジョットの鐘楼
見学時間・料金の
詳しい情報の確認
サン・ロレンツォ広場
サンロレンツォ教会
メディチ家の礼拝堂
メディチ
リッカルディ宮
シニョ‐リア広場
ヴェッキオ宮 
ランツィのロッジャ 
ウフィッツィ美術館 
ベッキオ橋
新市場のロッジャ


ドゥオーモ広場(Piazza del Duomo)
から少し北西の方角に歩くと サン・ロレンツォ広場 にたどり着く。
そこには、フィレンツェの歴史を語るには欠かせないメディチ家代々の善提寺であるサンロレンツォ教会、その裏手には
メディチ家の礼拝堂、通りを挟んでメディチ・リッカルディ宮がある。


 
フィレンツェの地図拡大する
Capelle Medicee - メディチ家礼拝堂


Piazza Madonna degli Aldobrandini
時間:月~日 8:15 - 17:00 (夏季11月1日まで)
月~日 8:15-14:00 (11月から冬季)
休み:月の第2.4 日曜日、月の第1.3.5月曜日、5/1, 12/25, 12/31
料金:€ 8.00




この礼拝堂には、"君主の礼拝堂 - La capella dei Principi"と"新聖具室 - Sacrestia Nuova"が設置されている。
"君主の礼拝堂 - La capella dei Principi"は、17世紀に政治的権力を失ったメディチ家が、富と虚栄を示すためにつくられたもので、繊細で豪華な貴石細工にあらわされている。

ミケランジェロの設計による"新聖具室 - Sacrestia Nuova"は、明るく広々とした空間でできており、彼の4体の彫像 ”曙(女性像)” ”黄昏(男性像)” "昼(男性像)” "夜(女性像)” は新しい時代の到来、苦悩、困惑をあらわしたダイナミックな彫像であり、ロレンツォ2世の墓とジュリアーノの墓を引き立てている。



 
Palazzo Medici - Riccardi - メディチ・リッカルディ宮

Via Camillo Cavour 3
時間:8:30 - 19:00
休み:水曜日
料金:€ 7.00


 
1460年から100年間メディチ家の住まいとして使われた。簡素な造りのこの建物は、民衆のねたみを受けないための対策だった。
建物内の見どころは、マージの礼拝堂<Capella dei Magi>内のボネッツォ・ゴッゾリ作”東方三賢王の礼拝"のフレスコ画。

 
Basilica di San Lorenzo - サン・ロレンツォ教会
場所:Piazza San Lorenzo
時間:毎日10:00-17:00
     3月‐10月の日曜日  :13:30-17:30
      閉鎖:2月‐11月の日曜日
料金:€ 6.00



フィレンツェ
最古のサン・ロレンツォ教会は、紀元後393年に建てられている。1429年以降、家族代々の教区教会としてメディチ家が使用した教会。
ここには、メディチ家の3つの墓のうちの1つフィリッポ・ブルネレスキによる旧聖具室が置かれている。2つは、メディチ家礼拝堂。

Biblioteca Medicea Laurenziana - ラウレンツィアーナ図書館


時間:月~金 9:30-11:30      
休み:土, 5/1, 12/25
      サン・ロレンツォ教会+ ラウレンツィアーナ図書館 :€ 8.50

公式サイト
   


メディチ家代々により収集された古文書約1万冊が納められているラウレンツィアーナ図書館。この図書館は、教会の中庭から
ミケランジェロのデザインした階段を上り2階にある。図書館の1部は、本来も通常の図書館としての機能を果たしている。



2006-2018 ciaofirenze.com  all right reserved !! 

BBX